素材編 コーティングキャンバス

こんにちは
買取セブンです。

世界にはたくさんのバッグブランドがございますが
ブランドによって革の種類が全く異なります。
肌触り・匂いまで違います。
私は匂いでなんとなくわかりますが、耐久性や柔らかさもまちまち。

例えばヴィトンのモノグラム


キャンバスと言われる布に防水加工を施してあるものです。

内側は革だったり、合皮だったりという感じ。


おまけにグッチやフェンディなども布が多いですね。

ゴヤールもヴィトンと同じで、コーティングキャンバスが採用されています。


革じゃなければすぐダメになるイメージもありますが、雨などの気候にかなり強い特性があります。


というわけで、革以外にもすごく丈夫な素材がたくさんあります。

近年では動物を保護しようという流れで、革を絶対に使用せず、合皮オンリーのステラマッカートニーなどもあります。


各素材には一長一短ありますので、使用するシーンなどを考えて選ばれるのがいいですね!


以上、素材について キャンバス編でした。


ブランド品のお買取は 買取セブン http://sapporo.kaitori7.site/

時計の買取は 時計貴族 http://tokeikizoku.com/ 


皆様のご来店お待ちいたしております!


札幌 ブランド買取&高額査定の買取専門店 買取セブン

札幌大通駅近No,1店舗 徒歩1分 時計・貴金属・宝石・ブランド品は買取セブンにお任せください。取扱ブランド無制限 ほぼなんでも査定可能 査定真贋プロのいるお店

0コメント

  • 1000 / 1000